若手社員が「仕事が楽しくないこと」を周囲に不満を言うのはやめた方がいい理由

未分類

昔、若手社員のときに、自分が周囲に「仕事が楽しくない」と漏らしていたのですが、
時を経て、立場が変わると自分の若気の至りだと思うようになったので、
過去の自分に向けた反省記事を。

仕事が楽しくない理由を場合分け

仕事が楽しくないの理由を考えると、
大体以下の4つにカテゴライズされると考えています。

①したいことができないから
②社会貢献などを実感できない
③会社の理念に共感できない
④人間関係が悪い

②か③の場合

②、③は転職をお勧めします。
会社が向かう方向性というのは、一番根っこにあるものであるため共感できなければチームから外れるしかありません。

④の場合


④の人間関係は、部署が変われば変わる可能性もありますが、精神を病むレベルで離れることができなければ、やはり転職すべきです。

①の場合(本題)

さて①の場合です。
こちらについては仕事は自分でしたいことをやるのが一番楽しいので、それで悩むんなら、元も子もないですが『フリーランスで頑張ってください』が一番のアドバイスです。

けれども、「いやそんな自分には力はないんだ。福利厚生が大事なんだ」と主張されることだと思います。

そうなると、会社にやりたいことがあるのに自分がさせてもらえないことに対する不満ということになります。

しかし会社は楽しいことを社員に提供するために存在しているわけではないですし、楽しい仕事は社員の競争率も高く、実績とスキルがある人しか抜擢されません

ということで、実績もスキルもない人はそれらを磨き高めるのが自分がやるべきことです。

で、おそらく「仕事が楽しくない」と周囲に漏らす人は仕事ができない人です。

というのも、会社は大体やるべきことがいっぱいあるのに、人が足らない状態です。

部下を持つ人間からすると、なるべく多くの仕事を振りたいなーと思っています。

この図の例に示したとおり、難しい仕事は抽象度が高い仕事であり、仕事ができる人にしか回せません。
(仕事ができない人に回すと、管理者がチェックするコストが増大して逆に時間がかかるので回しません)

ただし若手でも「こいつできるな」という人には、上司が積極的に仕事をお願いします。
(その方が皆WinWinなので)


できる人は結果を出して周りから「凄い」とか「頼りになる」とか「ありがとうございます」とか
良いことをたくさん言われるので、 結果として「仕事が楽しい」と自ら言うようになるのです。


仕事ができる⇒仕事が楽しい

逆に仕事ができない人は具体化レベルが高い仕事ばかりとなります。具体化レベルが高い仕事(例:コピー取り)は、『誰でもできる仕事』であり、大きい仕事をやっているという実感もありませんし、楽しいはずがありません。

そうなっている原因はその人が仕事ができないからなのです。

社内の特殊ルールが色々あって知らないし、とかまあ色々言いたいことはあると思いますが、事実として仕事ができない人

まあ「仕事楽しくないなぁ」と思っている人の多くは、それをうすうす自分で実感しているから、謙虚になりわざわざ周囲に言わないのですね。

ですが「楽しくない」と周囲に言ってしまう人は、「自分が主張に足るほど仕事ができているのか?」の謙虚さもなく不満を言ってしまっている状態です。

自らを一度顧みる必要があると思います。同僚に自分の仕事ぶりを聞いてみることをお勧めしたいですね。

恐らく自分が抱いている自分への評価の言葉は出てこないはず。

まとめ

  • 謙虚な気持ちで、なぜ上司が自分に大きな仕事を回さないのか考えてみよう
  • 不満を言うよりも、自分のスキル成長に時間を費やした方が生産的だよ。
  • 仕事ができるようになると仕事が楽しくなるよ

過去の自分を想定して書いていたら恥ずかしさと怒りがこみ上げてきました笑

こんなこと若手でもわかっている人はわかっていると思うのですが、もし過去の自分に似た状況に陥っている人がいたらと思い書きました。

良い人生を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました