恋愛下手30男が見たバチェロレッテ「7話」感想・考察

考察

※ネタバレします。

家族訪問ということで、みなさんのご家族との面談

●杉ちゃん

暖かい家庭でしたね。取り繕ったところもないし、自然でした。姉だけが初回からの質問で「何か不満なところはないですか?」と質問。いいところが先では?と思ったけど。

●こうこうさん

こんなご両親や家だったらすごいな、っていうのを体現したような家だったのでした。これは本当なのかな?
家族の行事の際の、こうさんの餃子の不慣れさ。作られた感じを受けました。

どういう振る舞いが良いとされるのか、が自身の行動の理念である方という印象です。

例:筋肉、起業

だからこそこうこうさん本来したいことなどが見えてこない。一番の問題は、、萌子さんのこと本当に好きなのか?ってこと。。。

●ローズ

お母さんから「引き離さないで」というのは、かなりきつい。まだどうなっていくかもわからない段階で話しあう以前に覆せない条件を提示されると、他に何があるのかってきになりますね。ローズと付き合ってローズの全てを受け入れようとまで思う段階まできて出てきたこの話ならどうするかを考えるかもしれないけど、まだ付き合ってないし。

お母さんとのやりとりにローズが関与してこないというのが、まずかった気がする。恐らくローズは全ての人に愛を振りまくゆえにお母さんも萌子さんも悲しませられない。どちらかを聞き、どちらかを聞かないということが性格上できないのではないか。優しさゆえですが。

家族問題が起きたら本当に揉めそうだなと思ったら、落ちました。

萌子さんがバラを渡さなかった理由で「恋人としての感情を持てなかった」みたいに言っていて、ローズは納得できなかったようだけど、真実は言えないでしょうね。

考察
スポンサーリンク
el2をフォローする
らいふはっくねっと

コメント

タイトルとURLをコピーしました